1. YIさん、社費

 

進学先:   ESADE

 

L-inkのサービスを知ったキッカケと受講を決めた理由を教えてください。 

数年前に社費留学された先輩からの紹介を受け、無料相談を申し込みました。無料相談で木下さんと会話をし、この方なら的確なアドバイスをいただけそうだなと思い受講を決めました。

 

L-inkサービスの感想を教えてください。 

1. キャリアを考えた出願戦略(キャリアアセスメントとキャリアゴール設定、志望校選択
とスケジューリング、出願ポートフォリオなど)

当初は自分のキャリアに対して自信があるわけでもなく、このままMBA出願まで突き進んでよい

のか不安がありましたが、木下さんと会話をする中で「自分が今までのキャリアで何を獲得して
きたのか」「今後どのような知識・スキルを獲得したいのか」を明確にすることができました。
出願のスケジューリングについては、受講開始時点(23年6月)では自分がいつまでに何を完了
すれば良いのか全く分かっておらず、何となくでTOEFLの勉強をしている状況でしたが、最初に
スケジュールを明確に示していただけたことで、そこから先は安心感と自信をもって進めること
ができました。

2.レジュメ、エッセイの指導(レジュメアピールポイント選別、エッセイのネタ選びと
掘り起こし、エッセイの内容構築と文章構成と表現など)

レジュメ・エッセイについては、本当に手取り足取り教えていただいたという感じです。
自分がこれまでのキャリアで何か華やかな仕事をしたわけでもなく海外事業にかかわった経験も
なかったので、正直何をアピールすれば良いのか全く分からない状態でしたが、毎度のセッショ
ンで木下さんの質問に答えながらキーワードを掘り起こしていくだけで自然にネタが出てきまし
た。
セッションでネタ出し⇒その後は自分で作成後メールで添削の流れでしたが、メールでも迅速か
つ丁寧なアドバイスをいただけたのでとても助かりました。
また、レジュメ・エッセイを書くタイミングについて、スコアメイクに時間を要している中で
「とりあえず今月はレジュメのドラフトを作ろう」といった形で月ごとに明確なゴールを設定し
ていただけたことで、無理なくスコアメイクと並行して書類の準備を進められたことは精神的に
とても楽でした。

3.テスト対策(スケジューリング、時期、方法論、メンタルサポートなど)

TOEFLのスコアメイクが思ったより進まず、某予備校の対策コースを全て完了した
23年夏の時点で80点台でした。特に、点数を稼がねばならないリーディングで20点そこそこ
しか取れていない致命的な状況でしたが、木下さんから「1問ずつ時間を図って解く練習方法」を
教えていただき、それを実行したところ2か月たたぬうちにリーディングは29点を達成し
TOEFLのスコアメイクから卒業することができました。
また、TOEFLは結局当初予定よりも2か月程度スケジュールビハインドしましたが、都度
スケジュール修正のうえ提示していただけたので、あまり気にしすぎることなく進めることが
できたと思います。

今後受講される方へのメッセージ

最初は大手予備校のカウンセリングサービスを契約しようと思っていましたが、結果的には

木下さんにお願いして大正解でした。受講人数が少ないため親身になって相談に乗っていただけ
ますし、一人一人をよく見て強みを引き出してくださいます。形式的なアドバイスではなく、
その人その時に本当に必要なアドバイスをいただける方なので、大変おススメです!

L-ink

東京都新宿区四谷1-15 

アーバンビルディングサカス

 

TEL:080-3514-9891

       

 

email: info@mba-l-ink.jp

 

 

 

 

リンク集