1. NNさん、私費

 

進学先:   University of Michigan,  Master of Applied Data Science- Online

 

L-inkのサービスを知ったキッカケと受講を決めた理由を教えてください。 

10年以上前、学歴だけで判断する某カウンセラーに失望した後、友人から木下先生を

紹介していただきました。有名大学出身ではなくGMATの点も低かったにもかかわらず

木下先生のご指導のおかげでChicago MBAに合格することができました。

何よりも良かったのは、木下先生に自分の潜在能力を引き出していただいたことです。

優秀な生徒をトップ校に入れるだけならどのカウンセラーにもできるかもしれません。

でも、優秀でない学生をトップ校に合格させるのは負荷がかかります。それができるのが

真のカウンセラーだと思いました。自分の価値観を理解してくださり、それに基づいて

アドバイスをしていただけるので、問題があっても先生を信頼して相談することができました。

そしてMBAを卒業して10年後、再び米国の大学院(データサイエンス修士プログラム)に

出願の際にも、迷わず木下先生にエッセイカウンセリングをお願いしました。

 

L-inkサービスの感想を教えてください。 

MBA受験の際は、キャリアゴールを先生とシェアし、エッセイだけなく推薦状やレジュメなど

出願アプリケーションのパッケージの中に、キャリアゴールがきちんと反映されるよう

指導していただきました。いつも先生とのセッションは、「自分にもできる!」と思わせる

何かがあって、とても気分が高揚しました。

感動したことは先生の質問に答えていくだけで自分の納得いくエッセイが仕上がることです。

先生にカウンセリングをお願いする前は、エッセイを書いていても自分の言葉でないような気が

して納得できませんでした。でも先生のカウンセリングを受けると、自分の価値観がエッセイに

反映され、「自分の言葉」でエッセイが出来上がります。また、生徒の状況に応じてベストな

出願戦略を立案していただけることも他のカウンセラーにはない点だと思います。

MBA出願の際は、GMATの点が出なかったため、1校に絞り徹底的にアプリケーションを

仕上げる戦略で出願しました。1校に絞らなければきっとどのMBAにも合格できなかったと

思います。今回データサイエンス修士プログラムに出願した際も、先生のおかげで納得できる

エッセイが完成し、出願校2校とも合格することができました。

 推薦状についてもHow to本にでている「推薦者の選び方」ではなく、どう自分の良さを

引き出してくれる推薦者を選ぶか、どうやって頼めばよいか、どういう内容の推薦状だと

良いのか、などアドバイスをしていただきました。またテストの点を補うため、追加の推薦状を

提出するようアドバイスもしてくださいました。


私は、GMATの点が思うように出なかったため、弱点を補完する方法や、アドミッションに

アピールする方法など、細かい点も先生にご指導していただきました。在校生リレーションを

どうやってしたらいいのか、どんなインプットを在校生からもらえばいいのか、それを

どうインタビューに活かせばいいかなど、自分一人で出願準備をしていたら思いもつかなかった

対策を伝授していただき、他の生徒と差別化を図れたことが合格できた要因だと思いました。

思い返してもいつまでに何をしたいいのかを最初に計画を設定していただけるので、それに

そって出願準備をすることができます。また、計画通りにテストの点が出ない場合でも

見捨てられるようなことはなく、メンタルサポートしていただき、かつ、点が出ない場合には

どうすれば合格に近づけるのか戦略を考えていただけるので、精神的にとても励みになりました。

 

合格した大学のうちどの大学に進学するかも、生徒の個性や性格を加味してアドバイスして

いただいたので、納得して大学を選ぶことができました。MBAを卒業してもう10年になりますが

今回の受験も含め、キャリアや人生で悩んだ時も相談にのっていただいてます。

 

2. 山口ななさん、私費

 

進学先: IE business school

 

L-inkのサービスを知ったキッカケと受講を決めた理由を教えてください。 

スクール選びをしていた際、興味のある学校のOBの方が木下先生をご紹介くださいました。

初回の面談をして木下先生の長年の豊富なご経験・お人柄、他のカウンセラーと比較しての

リーズナブルな価格設定であることから木下先生に決めました。 初回から常に変わらないことですが、先生はMBAを押し付けることなく、人生を長い目で考えて

幅広い選択肢を提示してくださるので、とても信頼が出来ました。また、ぶっちゃけトークが

できるフランクな先生のお人柄にも魅かれました。

 

L-inkサービスの感想を教えてください。 

キャリアゴールについて、私のぼんやりしたビジョンに対し、MBAにこだわらず視野を広げて

くださり、話す中でキャリアゴールがより大きく、明確になりました。そこから中期、短期目標も自ずと決まりました。スクール選びの際も私のゴールや学校・生徒の特徴等加味して選択肢を

広げていただきました。 出願スケジュールについては、私の今までのキャリアとスコアメイクの状況を鑑み、出願タイミングをアドバイスしてくださいました。そこから逆算してエッセー作成時期など表にプロットしていただいたので、マイルストーンが明確になり、集中して一つ一つ取り組めました。

 

GMAT・GREの受験時期とタイミング、勉強の教材等、的確なアドバイスをいただきました。

テストに関しては自身のメンタルとの闘いでもあるので、特にメンタル面で多大なサポートを

いただいたと感じています。点数が思うように上がらず、事前に決めたタイミングに間に合わず

悩んでいるときには、自分の中で狭くなりすぎていた視野を広げてくださり、何度も背中を押してくださいました。ゴール達成のための別の選択肢を提示してくださったり、必要な時に道を示してくださるところにすごく感謝しています。先生と話して何度もモチベーションが上がりました!

 

エッセイ指導では、過去の経験をうまく引き出していただき、その学校ごとに合ったエピソードや表現に変えていただき、質の高いエッセーに仕上がりました。話す中で自分の中では使えない

エピソードだと思っていたものも、使おうよと提案いただいて、結果的にアドミッションに

響くようなエッセーが完成しました。

 

推薦状は、私費なので上司に打ち明けて推薦状の依頼をするタイミングに悩んでいましたが、

木下先生に誰に、いつお願いするかという点を相談し、部長とマネージャーに無事引き受けていただけました。また、私のキャリアを知った上で、盛り込むべきアピールポイントをつめこんで

下書きを作ってくださり、とても完成度の高い推薦状が完成しました。

 

心配していた面接も私の英語力のベースを考慮した上で、適切なタイミングでのインタビュー

練習の先生(Matthewさん)を紹介いただき、最短で合格を勝ち取れたと思います。

GREの受験前後や本番のインタビュー前後など不安になると木下先生に連絡をしていました。

よろず相談を聞いていただいていました。すごく親身になっていつも対応いただき、感謝しています!木下先生がいなかったら途中で諦めて楽な方向に流れていたと思います。長期のキャリア

ゴールを俯瞰した上での最善の選択肢にたどり着けて本当に感謝しております。

 

木下先生は豊富なカウンセリング・人生経験があるので、どんなに悪い点数を取っても出願に

間に合わなそうでも、落ち着いて解決策や次のステップを提示してくださって安心できます。

先生の懐の深さに何度も救われました。MBAは長期の勝負になるので、メンタルを保つことが

とても大切です。そういった意味でもオススメできます!

 

 

 

 

 

 

 

L-ink

東京都新宿区四谷1-15 

アーバンビルディングサカス

 

TEL:080-3514-9891

       

 

email: info@mba-l-ink.jp

 

 

 

 

リンク集