1. 匿名さん、私費

 

進学先:Teachers College, Columbia University

 

L-inkのサービスを知ったキッカケと受講を決めた理由を教えてください。 

予定していた他国への留学が事情により難しくなり、年齢的な焦りや迷いがある中で
木下さんの
HPを見つけました。初回のZoomミーティングで数十分お話ししただけで、
これまでお会いしてきた他の留学カウンセラーさんとの大きな違いを感じました。

何よりも学歴や経歴ではなく、私という一人の人間について知ろうとしてくださって
いることが伝わり、大きな安心感を得たことが受講を決めた理由です。

 

L-inkサービスの感想を教えてください。 

大学院留学を単なるゴールではなく今後30年のキャリア形成の一ステップとして捉え
指導していただきました。また出願先の選定に関して、二次的な情報ではなくこれまで
のご経験に基づく独自の確かな判断基準を持っておられると感じました。

重要度に関わらず、これまでのキャリアについて時間をかけ丁寧に話を聞いてください
ました。満足のいく
CV・エッセイが作成できたと感じております。

 

約半年の間、留学カウンセラーという域を遥かに超え、まるで学生時代の担任のような
温かさでサポートしてくださいました。メールで少し悩みを漏らすとこちらからお願い
するよりも先にミーティングをセッティングしてくださり、時には木下さんの前でふと
気が緩み涙を流してしまうこともありました。

まさかこの歳で自分にこのような出会いがあるとは思いもしませんでした。
 
毎回お話しする度に迷いが消え、やっぱりこれから頑張ろう、と思えます。
本当にありがとうございます。これからもどうか健康でお過ごしください。

また近況報告させていただきます!

 

2. Y.Iさん、私費

 

進学先:Cornell university MILR

 

L-inkのサービスを知ったキッカケと受講を決めた理由を教えてください。 
学校から選ばれるかつ自分らしいエッセイを作り上げるには、仕事や成果の羅列だけでなく

プロセスの中で何を感じどう行動してきたか、自分にしか分からない行動の意味やその時の

感情などのニュアンスをうまく落とし込む事が重要だと思いました。私はこの点を

ネイティブカウンセラーへ伝える自信が無かったため、日本人カウンセラーを探していた所

受験仲間から木下さんを紹介してもらいました。

 

エッセイだけでなく出願戦略全体のサポート、将来キャリアを見据えた留学先の提案

何よりもこの人にならなんでも話せるという信頼を感じたためお願いすることにしました。

 

 

L-inkサービスの感想を教えてください。 

・選択と決断の後押し

留学準備はとにかく時間がありません。なのでいかに「やらないこと」を決めていくかが

重要だと痛感しました。この点で木下さんのセッションではその場で一緒に選択肢を

吟味しながら上手に決断を後押ししてくださいました。 私の場合、当初MBAとHR専攻で

悩んでいました。そこで木下さんと相談し、将来のキャリアや当時の準備ステータスを

踏まえ、HR専攻への切り替えを早々に決断しました。GMATから早期撤退したおかげで

エッセイ推敲を入念に行う事ができ、最終的にドリーム校にも太刀打ちできたと感じます。

 

・エッセイカウンセラーを超えたメンター

木下さんは留学をゴールとして指導しておらず、今後の長いキャリアの通過点として

アドバイスしてくださいます。夢を見るだけで終わらせないためにも、現在地を

踏まえたアドバイスはとても有効だったと感じます。また計画通りにいかない

留学準備プロジェクトを一緒にマネージしていただける感覚があり、とても心強かったです。

今も忘れませんが、心のどこかで悩んでいたことをズバッと指摘された事があります。

この指摘があまりにも的を得ていたのと激励のメッセージに揺さぶれられ

思わず泣いてしまいました。エッセイカウンセラーを超えて、自分の人生を応援してくれる

メンターのような存在と感じました。木下さんに出会えたことは幸運で、人生つくづく

ご縁と感じます。本当にありがとうございました。

 

 

3. 匿名さん、私費

 

進学先:HEC Paris

 

L-inkのサービスを知ったキッカケと受講を決めた理由を教えてください。 

受講した友人から紹介を受けたことがきっかけです。当初他のカウンセラーの元で

作成したエッセイに強く自信を持てない中、セカンドオピニオン先を探していた中で

L-inkのカウンセリングを知りました。一度受講前に木下さんとお話させて頂き

自らの内面や人間性を深く理解頂きながら効果的なアドバイスを頂けたと感じ

受講を決めました。

 

L-inkサービスの感想を教えてください。 

私のこれまでのキャリアと人間性を深く理解頂き、今後のキャリアや出願校に関する

効果的なアドバイスを頂いたと思っています。私がL-inkの門を叩いた際は

既に第一志望の出願に向けた佳境を迎えており、自らのキャリアゴールも概ね固めておりました。そうした中でも私の話に丁寧に耳を傾けて頂き、MBA後の長期的なキャリア設定に関しても

「ありきたり」な選択に留まらない様々なご提案や気づきを与えてくださったと感じています。MBA受験という枠を超えて、今後のキャリアに関して考えるきっかけを与えて頂きました。 志望校選択においても、第一志望の学校がWLとなってしまい別途受験校を増やす必要が

じる中で、私自身のMBA後のキャリアを踏まえた際に良いと思われる学校をご紹介頂けた

ことは非常にありがたかったです。最終的に合格に至らなかった第一志望の学校以外は

ほとんど無知の状態であったことから、迅速にセカンドオプションを提示頂けたことは

非常にありがたく、最終的に満足する形で進学を決めることができたと思っています。

 

 

 

当初別のカウンセラーの元で準備をしていた際は、あまり自らの内面に向き合って頂いている

印象が薄く、出来上がったエッセイも表層的でインパクトに欠け、自らの中でもモヤモヤ感が

残るものでした。他方、木下さんの指導は、自らがこれまでの人生やキャリアの節目節目で

何を感じてきたのか、それがどういった形で自らの次の選択につながっていったのか

といった点をしっかり炙り出した後に、自らの強みや弱みを分析し、それをエッセイに

効果的に落とすという点に力点が置かれており、指導後のエッセイは、自信を持って

提出できるものになったと感じています。 また指導頂く前は、これまでの経験、学校選択、今後のキャリアがそれぞれ点として存在しているようなエッセイでしたが、指導を頂くことで

点と点が線で結ばれ一つのストーリーとして説得力あるエッセイに仕上げることができたと

思っています。結果としてGMATの点数は低かったものの、上位校含め軒並みインタビューに

呼ばれるエッセイを作り上げることができました。

インタビュー対策に関しては、数人のカウンセラーを紹介いただき、それぞれの方と

練習を積むことで、自信を持ってインタビューに臨むことができました。

インタビューの解答案も、簡潔に、ダイレクトに伝わる形に添削いただき、自らを効果的に

伝える面接を行うことができたと思っています。各校の面接官の方からも後日良いFBを

頂戴することができました。

常に親身に相談に乗って頂き、感じたことをダイレクトにお伝え頂き、明確な改善案を頂ける

木下さんの存在はとてもありがたかったです。MBA受験という枠を超えて、今後自らが一人の

人間としてどう生きたいか、という視点で物事を考えるきっかけを頂きました。

受験の初期段階から出会えていたらもっとよかったと思いました。

 

4. YSさん、私費

 

進学先:UCLA  MBA

 

L-inkのサービスを知ったキッカケと受講を決めた理由を教えてください。 

友人の紹介です。MBA受験だけでない、受講生のキャリア全般を考えてくれる

サービスだと感じたため決めました。

 

L-inkサービスの感想を教えてください。 

所定のシートを使ってアイディア出しから始め、それを木下さんと壁打ちしていく中で

どのようなキャリアゴール設定をしていけば良いか見えてきたところが多々あったので

それは木下さんだからこそできるカウンセリング(サービス)だと感じた。

生徒が漠然と考えている将来像やゴールを上手に言語化してくれ、さらにそれらを達成しうるPost-MBAの就職先を具体的に教えてくれるのは、木下さんのように長いキャリアを

通じて様々な経験をされ、また多くのMBA受験生を世に送り出してきたからこそだと感じる

志望校の選択や、実際に出願で何校出願するか迷った際も、自分が最適な結果を出せるよう

慎重にアドバイスをしてくれた。実際に強く志望していた学校への合格を勝ち取ることができ

心から感謝している。

 

特にエッセイの指導は助かった。出願直前の11-12月に長期海外出張が入ってしまい、エッセイの執筆期間が実質2週間となってしまい絶望していたとき、自分の殴り書きだったエッセイを上手に調理してくれて、プロの目から見た情報の取捨選択をしていただいた。特別対応だったのかも

しれないし、ここまでギリギリに準備することはどの受験生にもオススメしないが、いつ何が

起こるかわからない。そんな時にも木下さんは手を差し伸べてくださるので、諦めないことが重要。推薦状についても自身の推薦者プールの中から適切な推薦者を合理的な理由で選んで

くださり、「誰に頼めば良いんだろう」とくよくよ悩まなくて済んだ。

推薦者への推薦状の依頼は早いに越したことはない。

 

GMAT700超えを狙って満を持して受けた3回目のGMATで、2回目を大幅に下回る580を

出してしまった時、次の受験時期、勉強方法、対策、などこまめにアドバイスをいただき

何より精神的にとても救われた。その結果、そのわずか2ヶ月後に700点を獲得することが

できた予備校講師ではなくスコアメイクのコーチングができるカウンセラーを始めて知った。

 

木下さんを信頼して、身を委ねること。

私は過去のあるキッカケから日本のMBAカウンセラー業界にかなり不信感を抱いていたのだが

複数のカウンセラーと面談をした結果、木下さんに短期的なMBAカウンセリングを含む

中長期的なキャリアカウンセリング」をお願いしてみようと考えた。

木下さんはまさにその期待に応えていただき、私自身、多くの実りあるアドバイスをいただいた。心から感謝している。

 

5. KYさん、私費

 

進学先: ESADE MBA

 

 

L-inkのサービスを知ったキッカケと受講を決めた理由を教えてください。 

インターネット検索で、諸先輩方の合格体験記を拝見してL-inkを知りました。決め手は主に以下の3点です。①自分の英語力に不安があり、まずは日本語でエッセイ等の準備がしたかったこと。②ウェブサイトを拝見し、自分の志望校に複数年、合格実績があったこと。③初回カウンセリング時に、戦略的に動けば合格できると言っていただけたこと、また具体的なスケジュール等を提案していただき、納得感があったこと。

 

L-inkサービスの感想を教えてください。 

キャリアを考えた出願戦略について大変満足しています。諸事情により、出願を1年遅らせ
ましたが、ほぼ木下さんのおっしゃったスケジュールで合格まで辿り着くことができました。
長年のご経験から、過去似た経歴の受講生はこうなったとか、それを学びたいならこの学校の
方がよい等々具体的にアドバイスいただきました。結果的にESADE専願合格となりましたが、
木下さんの出願戦略のおかげだと思っています。
当初、自分の経歴に全く自信がなく、エッセイにできるようなことがあるのだろうかと
不安でしたが、ネタ出しからエッセイの最終化までご指導のおかげで、戦えるエッセイに
なったと思います。自分ではこれは強みにならないかな?と思ったことでも、それが他の人
にはない強みになることもあるので、何でも相談しながら進めるのがいいと思いました。
推薦状についても依頼した方々はMBAや海外大学院に馴染みのない方々だったため
木下さんのアドバイスは大変貴重でした。エッセイの英語のブラッシュアップはLaurenさんに
お願いしましたが、L-inkの紹介とお伝えしたら、スムーズに対応いただけました。
またスケジューリングとメンタルサポートの面でお世話になりました。
私は最終的にIELTSとGREで出願しました。IELTSはほぼ予定どおりでO.A.7.0を取れた
のですが、GMAT/GREにはかなり苦しめられました。そんな中、子供が産まれ、なかなか
勉強時間を取るのが難しくなったときも、何をいつまでにやれば目標スコアが取れるのか
親身にアドバイスいただきました。スコアが取れない時も温かいお言葉をいただき
精神的に助けられました。インタビュー対策について、いつインタビューを受けるべきか等を
木下さんに相談のうえ決めました。節目節目で相談でき翌日にはお返事をいただけ
安心感がありました。
出願スコアを取得できていなくても早期に相談されることをおすすめします。
早期に相談すれば、戦略的に進められますし、都度木下さんに相談しながらできるからです。
私のような低スコア経歴弱い者でも合格できましたので最後まで諦めずに頑張ってください!

 

 

L-ink

東京都新宿区四谷1-15 

アーバンビルディングサカス

 

TEL:080-3514-9891

       

 

email: info@mba-l-ink.jp

 

 

 

 

リンク集